埼玉創価学会の歴史、平和・文化・教育への活動、池田大作名誉会長と戸田第二代会長を紹介します。

総埼玉 広布の大願に立て/青年部が躍進

広宣流布大願に立つ青年部の大会が24日、各地で盛大に行われた。

総埼玉の区圏男子部長会は、埼玉文化会館で力強く。

本田総埼玉男子部長が、師弟勝利の旗を掲げ、「鉄桶の団結」で勇躍の大前進をと訴えた。

橋元男子部長は、執念を燃やし、電工石火のスピードで圧倒的な拡大をと述べ、「獅子王の心で、男子部が勝利の突破口を開こう」と呼び掛けた。

渡部創価班委員長、竹岡牙城会委員長が激励した。

また、総埼玉の区圏女子部長会は、同会館で爽やかに。

若き日の池田名誉会長が川越地区で御書講義した意義を留める”華陽講義”を開くなど、教学根本の活動を続ける総埼玉女子部。

会合では、北爪総埼玉女子部長が「仏法の希望の哲学を心肝に染め、勇気の対話で幸福の拡大を」と強調。

吉井女子部長は「友の幸せを願う誠実な姿が相手の心を開く。諸天を動かす確信の祈りで、地域や職場で信頼の輪を広げよう」と激励した。