埼玉創価学会の歴史、平和・文化・教育への活動、池田大作名誉会長と戸田第二代会長を紹介します。

総埼玉 大埼玉が団結の支部長会/「広布の旗を打ち立てよ」

さあ、若々しい生命で正義の連勝劇を!

総埼玉の支部長会が24日、埼玉文化会館で意気高く行われた。

これには、池田名誉会長がメッセージを贈り、若き日に埼玉の友と学んだ四条金吾殿御返事(石虎将軍御書)の、石に矢を立てた将軍の故事に言及。「負けじ魂の信心から放つ矢ほど強いものは絶対にありません」と強調した。そして「今ここに、誉れの『鉄桶の団結』をいよいよ固めながら、満々たる生命力で『仏縁の矢』『拡大の矢』を放ち、埼玉天地に断固勝利の広布の旗を立てよう」と呼び掛けた。

中井総埼玉長、会田同婦人部長は、壁を破るのは”勢い”であると力説。「法華経の兵法」に徹し、最前線に躍動の息吹を起こそうと語った。

原田会長は、友の献身に心からの感謝を述べた。そして、勝利の時に油断することなく徹して戦い抜くことが重要であると強調。全てを味方に変えるとの深き祈りと対話で、一人一人が人間革命のドラマをと念願した。

正木理事長、坂口婦人部総合長、佐藤総合青年部長、橋元男子部長、吉井女子部長らが激励した。