埼玉創価学会の歴史、平和・文化・教育への活動、池田大作名誉会長と戸田第二代会長を紹介します。

埼玉県歌の歌碑を除幕

記念の大勝利大会

原田会長が出席

総埼玉の大勝利大会6日、埼玉文化会館で盛大に開かれた。

また大会に先立ち、県歌「広布の旗」の歌碑の除幕式が、原田会長、杉本婦人部長が出席して同会館で行われた。山本伸一作詞の同県歌は、1978年(昭和53年)10月27日に発表。埼玉の師弟共戦の歴史とともにあった栄光の歌である。

大会では、中井総埼玉長、会田同婦人部長が、20年前の”魂の独立”後、初の本部幹部会が埼玉で開かれた事実に触れ、全国を牽引(けんいん)する拡大をと強調。

杉本婦人部長の後、原田会長は不軽菩薩(ふきょうぼさつ)の実践を通して、「誠実」こそ信頼を勝ち得る道と強調。”2013年の勝利は埼玉から”との決意で、地域広布を開いていきたいと呼びかけた。

最後に、全員で県歌を大合唱した。

(2011年12月7日 聖教新聞掲載)